2018.01.25更新

もし長期的な旅行に行くとしたら回線は切る?

旅行などで長期的に固定回線を利用しない場合にそのまま契約したままにして長期的に旅行などに出掛けてしまうと、月額料金が無駄になってしまいます。
長期的に留守にする場合にはプロバイダに連絡して解約する事で無駄を省くことができます。

長期旅行中の男性インターネット回線の一時的な休止が可能かは契約しているプロバイダごとに異なります。
プロバイダによってはインターネット回線を一時的に休止することができず、解約して旅行などが終わってから再度契約と工事を行う場合もあります。

契約しているプロバイダがインターネット回線の一時休止に対応している場合には、プロバイダに電話などで問い合わせを行い長期的に留守にする趣旨を伝えて一時的に休止してもらうことが可能です。
インターネット回線を一時的に休止できるかどうかは契約しているプロバイダやサービスごとに異なるので、事前に確認しておく必要があります。
一時的な休止が可能なプロバイダとしてNTTの光回線などが挙げられます。

プロバイダがインターネット回線の一時的な休止に対応していない場合には、インターネット回線を解約して旅行が終わってから再度契約などを行う必要がありますが、この場合だと逆に高い料金が必要になる場合もあります。
この場合にはインターネット回線を切るのに工事費が掛かり、再開する場合にも契約した後に工事費が掛かります。
さらにインターネット回線を解約するタイミングによっては、違約金が発生する場合もあります。
違約金はインターネット回線に契約している最中に解約することで発生し、プロバイダによっては1万円を超える違約金を請求される場合もあります。

長期的な旅行に出かける場合などで固定回線を利用しない場合には、プロバイダに連絡して一時的に休止してもらうか解約する方法があります。
NTTの光回線などの場合には一時的に休止することも可能です。
しかし解約する方法では違約金や工事費などが必要になる場合もあり、逆に費用が高くなる場合があります。
年単位利用しない場合には違約金や工事費などを払ってでも解約した方がお得ですが、数カ月の旅行の場合には解約などをせずにそのまま継続しておいた方が違約金や工事費などが掛からずに安く済む場合もあり注意が必要です。
プロバイダに連絡してインターネット回線を一時的に休止する場合には、そのまま継続しておく方法とよく比較してどちらの方がお得なのかを確認する方が安心です。